忍者ブログ

高見のヒロちゃん日記

今日この頃が美味しさのピーク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

今日この頃が美味しさのピーク

ワタリガニときたら、甲羅が強くて身にずっしり感があるものが仕分けるための大切なところ。ボイルを行っても美味だが、芳しく焼いたり蒸してもたまらない。旨みのある身は寒い日に食べたくなる鍋にマッチすること請け合い!
しゃぶしゃぶ料理に使用されるタラバガニとズワイガニは外見と同じように、味覚においても全く違います。身に迫力を感じるタラバガニは引き込まれるほどで食べた感覚が極上だと感じますが、味は微妙に淡泊だと分かるだろう。
素晴らしい北海道の毛ガニの食感の良い旨み、濃い目の蟹味噌の味と口当たりの良い舌触りに大満足の後の究極は、味わい深い甲羅酒を味わいましょう。毛ガニはやはり一番です。
水から揚がった直後はまっ茶色をしているのですが、ボイル加工されると美しく赤くなり花が咲き誇った時みたいに違う色になるということで花咲ガニというようになったという説があります。
最近は、好きなものはカニ!という人の中であの「花咲ガニ」への関心が高まっています。8割前後の花咲ガニの水揚産地である遠く北海道の根室まで、新鮮な花咲ガニを味わおうという団体ツアーも存在します。
甲羅に日本で採れた証拠でもある「カニビル」の卵が豊富にくっつけられているほど、ズワイガニが脱皮をしてから長い期間が過ぎ去っていることの証で、ズワイガニの身の量が完璧で満足してもらえるとジャッジされるのです。
国内で売られるタラバガニのほとんどはロシア原産で、ほとんどベーリング海などに集中していて、稚内港へと着港してから、その地より色々な所へ送られているのです。
毛ガニであれば北海道。産地直送してくれる良質な毛ガニを通信販売で注文して食べることがこの時節楽しみにしているという人もたくさんいるということがいえるのではないでしょうか。
漁ができる時期は決まっていますから、ズワイガニの旬となっているタイミングはおおよそ12月~3月頃までで、季節的にも引き出物や、おせちの種で利用されている事でしょう。
「日本海産は優良」、「日本海産は別物」という思いを持っているのは確かですが、北米カナダの沿岸海域、オフコックとも呼ばれているオホーツク海、鮭やマスも釣れるベーリング海もズワイガニにしてみては「生活出来る地区」なのである。
家にいながら良質のズワイガニをお取り寄せできるとは手間がないですね。インターネットの通販であれば、他よりも低価格でお取り寄せできてしまうこともたくさんあります。
私の大好物は蟹で今年もまたカニを扱っている通販で旬のズワイガニや毛ガニをオーダーしています。今日この頃が美味しさのピークなので早め予約なら間違いなくいいし嬉しい価格で送ってもらえます。
人気のタラバガニと並ぶ食べ応え・満足感、更にタラバガニでは得られない芳醇な歯ごたえにこだわる方へ最もうまい!といわしめるのが、根室半島、別名花咲半島からの花咲ガニ、これで決まりです!
手をかけずに口に放り込んでも堪能できる花咲ガニというのは、ぶつぶつと切って味噌汁として召し上がるというのも堪能できます。北海道の人たちの間ではこういう味噌汁のことを通称「鉄砲汁」といいます。
ヤドカリとタラバガニは同種類なので、味噌であるところは食べるものではないと伝えられています。体に害を与える成分が配合されていたり電線毒が蓄殖している危険性も予測されますので確認する事が大切だといえます。

通夜 香典
PR

コメント

  • Home

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R